院内感染対策

世界標準を満たす院内感染対策。

最高の衛生環境を目指して

歯科治療では、歯や入れ歯、金属の被せ物などを削る際、目には見えないほど細かい粉塵や血液・細菌を含んだ水しぶきが飛散し、院内空気を汚染する可能性があります。大きな器具から小さな器具にいたるまで、全ての消毒・滅菌が不十分だと院内感染のリスクは必ず増します。
当院では、患者さまの安心・安全、よりクリーンな治療環境のため、世界水準を満たす最新の消毒・滅菌システムを採用し、より衛生管理を重視した医院設計となっています。
スタッフ一同、最高の衛生環境を目指して努力しています。

お顔にかけるタオルから、歯を削るドリルまで徹底した清潔と安心を!

消毒・滅菌設備

超音波洗浄器

細かい器具のすき間の汚れも除去します。

ミーレ・ジェットウォッシャー

ドイツMiele社製のジェットウォッシャーで全ての器具を洗浄、消毒。手洗いでは困難だった器具も安心です。

DACユニバーサル

歯を削る、歯を掃除する道具の内部を滅菌します。

DACプロフェッショナル

複雑な構造の器具も完全に滅菌できる最高水準の装置です。(クラスBオートクレーブ)

ハンドピース(歯を削る道具)

感染に配慮した機種を選定しています。
(シロナ社製ゼロサックバック)

診療チェアの水消毒システム

お口をゆすいでいただく水、歯を削る水も消毒し、皆さまのお口に入る水の衛生管理も徹底します。

医院設計

治療室

  • 全ての診療室を個室化し、感染の隔離を行います。
  • 各治療室に専用の手洗い場があります。
  • 患者さまごとにグローブ、紙コップ、ヘッドレスとカバー、テーブルカバーなどは全て使い捨てです。
  • 簡易ドレーピングが行いやすい感染防御に配慮した診療チェアを採用しています。
  • 診療チェアから供給される水の全てを消毒しています。

消毒室

血液や唾液に汚染された器具が搬入され、感染物の分別、洗浄、消毒が行われ、感染力のない状態まで処理され、滅菌パックに梱包されます。

滅菌室

滅菌パックに入れられた器具が、それぞれに適した滅菌装置(DACユニバーサル、DACプロフェッショナル)で無菌状態まで処理され、感染物質と接触する可能性のないクリーンな場所で保管されます。

消毒室と滅菌室を独立させることで、感染物質や異物の混入事故を防ぎます。また、汚染器具の搬入と清潔な器具の運搬の動線を区別し、不要な汚染器具との接触も防ぎます。

吸排気の完全分離設計

エアー(空気)の衛生管理にもこだわりました

患者さまのお口のなかにエアー(空気)を供給するコンプレッサーと、汚れた空気を吸引・排出する口腔内バキューム装置、それぞれ独立した個室として距離をおいた設計となっています。このため、排出された使用済みの空気がコンプレッサーを介して再びお口のなかに供給されることはなく、汚染された空気が循環する悪循環を断ちます。建物の北側、東側にコンプレッサー用、バキューム用それぞれの部屋を設置し、つねに清潔な空気を使用して治療する環境が整っています。